児童虐待の情報をお寄せください

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2017年12月01日

虐待ってどんなこと?

虐待という言葉のイメージは、非常に残酷な響きがあります。殴る・蹴るといった身体的な暴力ばかりでなく、子どもにとって有害ならば、それは「虐待」です。
「虐待」と確認できないときでも、まず一度ご連絡ください。電話でも手紙でも結構です。相談された方の秘密は守ります。たとえ調査の結果虐待でないと分かっても、そのことで責任を問われることはありません。

虐待には次の4種類があります

身体的虐待

殴る、蹴る投げ落とす、激しく揺さぶる、閉じ込める、戸外に閉め出すなど

養育の拒否・怠慢(ネグレクト)

食事を与えない、着替えや入浴・洗濯などの身の回りの世話をしない。病気やケガをしても病院に連れて行かないなど

心理的虐待

言葉で脅したり、無視したり、心を傷つけることを繰り返し言ったり、他の兄弟姉妹とは著しく差別的な扱い・児童が家庭内で行われる暴力を目撃することなど

性的虐待

性的ないたずら、性的行為などのわいせつな行為を子どもしたり、わいせつな行為を子どもにさせること

連絡先

龍ケ崎市虐待ホットライン

 午前8時30分から午後5時15分まで (土・日曜日、祝日、年末年始を除く) 携帯 090-4816-5956

いばらき虐待ホットライン

24時間対応 電話 029-322-0293

土浦児童相談所

住所 〒300-0812 土浦市下高津3-14-5 | 電話 029-821-4595

お問い合わせ

健康福祉部 こども課
TEL:0297-60-1558