平成30年度社会福祉課嘱託員を募集します!

公開日 2018年01月25日

最終更新日 2018年01月25日

生活保護面接相談員(嘱託員)

主な職務内容

  1. 生活保護に係る面接相談・制度の説明および必要な助言
  2. 要保護者の収入および資産等の調査等
  3. その他福祉事務所長が必要と認める業務(事務作業の補助等)

応募資格

以下の1・2の両方に該当する方

  1. 地方公務員法第16 条の欠格事項に該当しない方
  2. エクセル・ワードによる入力作業を単独で行える方

ただし、次のいずれかの経験のある方を優先します

  1. 福祉事務所での現業員などの生活保護事務経験が3年以上ある方
  2. 社会福祉行政もしくは社会福祉施設での相談業務またはその他社会福祉に係る相談業務従事経験が3年以上(ただし、社会福祉士又は精神保健福祉士の資格を有する方は相談業務経験年数が1年以上)ある方

募集人数

1名

生活保護被保護者就労支援員(嘱託員)

主な職務内容

  1. 生活保護受給者の求職相談や求人情報の案内
  2. 履歴書の書き方や面接の受け方などの援助
  3. 生活保護受給者と同行してのハローワークや企業での求職活動の援助
  4. その他福祉事務所長が必要と認める業務(事務作業の補助等)

応募資格

以下の1・2の両方に該当する方

  1. 地方公務員法第16 条の欠格条項に該当しない方
  2. エクセル・ワードによる入力作業を単独で行える方

ただし、次の経験のある方を優先します

  1. 福祉事務所、公共職業安定所等において福祉または就労の相談支援業務におおむね3年以上従事した経験がある方

募集人数

1名

生活困窮者自立相談支援員(嘱託員)

主な職務内容

生活困窮者からの相談に対応し、就労その他自立に関する支援、支援事業利用のためのプラン作成などを行う業務。
その他事務作業の補助。

応募資格

以下の1・2の両方に該当する方

  1. 地方公務員法第16条の欠格事項に該当しない方
  2. エクセル・ワードなどの入力作業ができる方
  3. 福祉事務所、公共職業安定所等において福祉、就労の相談支援業務におおむね3年以上従事した経験がある方
  4. 普通自動車免許を有している方
  5. 相談支援員養成研修会に参加できる方(宿泊有)

募集人数

1名

勤務条件など

雇用期間

平成30年4月1日~平成31年3月31日

勤務時間

月曜日から金曜日(祝日・年末年始は除く)

午前9時から午後5時まで(昼休み1時間を含む)

報酬

経験のある方:1時間につき1,200円

経験のない方:1時間につき1,000円

通勤手当・社会保険あり

※経験のある方

  • 生活保護面接相談員においては上記応募資格の3もしくは4を満たす方
  • 生活保護被保護者就労支援員においては上記応募資格3を満たす方
  • 生活困窮者自立相談支援員においては上記応募資格3を満たす方

応募方法など

応募方法

指定の申込書兼履歴書(社会福祉課で受け取るか市公式サイトからダウンロードしてください)に必要事項を明記して、社会福祉課へ直接持参してください。

申込書兼履歴書(A3)[PDF:47KB]

応募締切

平成30年2月23日(金)必着

選考方法

書類選考及び面接(面接日時は書類選考後に個別にお知らせ致します)

問い合わせ

  • 生活保護面接相談員、生活保護被保護者就労支援員
    社会福祉課生活支援グループ(内線267)
  • 生活困窮者自立相談支援員
    社会福祉課社会福祉推進グループ(内線272)

お問い合わせ

健康福祉部 社会福祉課
TEL:0297-60-1528

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード